サポーターとしての親の婚活


 ご子息やお嬢様のご結婚の事で、御心配をされているお父様、お母様は実際数多くいらっしゃると思います。

親として、子供の幸せは願わしいもの。しかし子供には結婚の様子が見えない…。そんな親御さんはたくさんいます。親の婚活とは親同士が子供の結婚相手を探すために代理で行うお見合いのことで、「代理お見合い」などとも呼ばれます。代理お見合いとまで行かなくても身近な人がまず、少し背中を押してあげる事が必要となってきます。これまで「受験」・「就職」と人生の節目の時期に影ながら応援されてきたと思います。
最初のきっかけ作りとして、親御様による御面談から始めて頂いても結構でございます。

最近は30代、40代で結婚する晩婚化の傾向もあり、独身の子供を持つ親は多くいます。また、当の御本人は仕事に夢中であったり、友人付き合いや趣味で充実した日々を過ごしていたりするのですが、心のどこかで「このままだといけないかも、将来が心配」と思っておられる事もあります。

一般的な婚活でも、30代、40代と年齢を重ねると婚活そのものが厳しくなるのが現状です。親として子供の結婚をサポートするための婚活が「親の婚活」と言えます。婚活に消極的な子供世代をサポートする


昨日と変わらず特に変化のない日々が続いていきますとご本人も、気持ちでは「結婚したいな」と思っていても、行動まで移すのは実際難しかったりします。

親御さんの中には「子供の結婚に親が口を出すなんて…」と考える方もいるかと思います。

現在の日本では、親世代の多くの方が経験した高度経済成長期やバブル景気のような明るさはありません。安心して働ける終身保障制度や、生活を支える各種の補償制度が崩壊していく中、今の20~50代歳の独身の子供たちは、経済の悪化と景気の低迷の中、一生懸命仕事をするのが精一杯、という現状があります。

「結婚して、家族を養っていけるのだろうか」「子供を持っても大丈夫だろうか」。そんな心配をしなければならない今の独身の子供世代は、自分の力だけで婚活をするのが難しいケースも多いのです。親の婚活は、子供の結婚のサポートです。

なかなか婚活が出来ない子供の代わりに、親として、子供の良い所や素晴らしさを伝えること。どんな人が相手を募集しているのかを知り、子供とのコミュニケーションを図ること。親の婚活中の他の親御さんとの情報交換など、様々な活動があります。

親の婚活では、相手のプロフィールや相手のご家族とも最初から知り合え、情報交換が出来るメリットがあります。また、子供の年齢ごとに条件がある親の婚活パーティーや、バツイチ子供の親の婚活というものもあり、事情を分かり合った上での出会いが期待できるのもポイントです。

親の婚活でも、最終的に相手を決めるのは子供本人です。その判断を無理強いすることはできませんが、子供の「結婚をしてみたい」という気持ちを盛り上げたり、素敵な相手がいるという情報を教えてあげることはできます。

大変な時代に、働き、子供を育てる若い世代が減っているのは大きな社会問題です。世の中の変化と共に、親が独身の子供をサポートする時代がやってきたと考え、子供のために親の婚活を始める人が増えてきているのです。

無料相談

 

Google Site Stats
send feedback

 

パーティ・イベント情報sinnchaku
 
オレンジ帯
お電話でのお問合せは
こちらから
080-8500-3550
営業時間
AM10:00~
phone
オレンジ帯
会員専用ログイン
オレンジ帯
結婚相談所会員登録フォーム
お試し会員登録
goukonn
ryoukinn
会員特典
イベント情報
ご成婚までの流れ
親の婚活
nihonnnakoudokyoukai
オレンジ帯
facebook
アメブロ
船上パーティ
船上パーティはこちら
 
オレンジ帯
仲人募集中


マリッジアドバイザーがいる結婚相談所 Clover
内閣府認定NPO法人
全国結婚相談業教育センター正会員

〒542-0083 
大阪市中央区東心斎橋1-8-5-205

認定仲人士常駐
全国結婚相談業教育センター

スマホ版はこちら